あっちのミストでは無いですが、まぁ似た感じでしょうか。
異世界から怪物はやってこないですけど(笑
設定がガバガバなので、そこは笑うトコなんでしょうかね。
ラストも、まぁそういうオチなのは分かりますが、その後の展開が
想像し難いですね。
しかしこれ、大地震からの街を飲み込む霧の発生&停滞は、
どう見ても東日本大震災ですよね。

 

長女が朝青龍にしか見えないんですが・・・。
ネタ的にはハヤカワSFの短編とかでありそう。
最後に相手の弱点が分かってからの反撃とか。
まぁでも、そんな弱点だったらもっと早くに解明されてたでしょうに。

 

結局どっちの映画もポストアポカリプスものでした(笑

積ん読消化

また本が溜まってきたので消化作業。

移動都市と似てるけど、こっちのが30年くらい前の作品ですね。
都市が7層ってのが同じなのですが、どういう事でしょうかね?
まぁこちらの逆転世界は、そこまで面白いって話しでも無いですが、
ネタ的には生きてる岩っぽい感じですかね?

 

これは割と面白かったですね。
映画化したら結構当たるんでは??とか思いましたが、まぁSFはあんまりウケ無いですしね~・・・。
最後もハッピーエンドで読後感も良いです。

 

ちょっと切り口の違ったヴァンパイアものって事ですかね?
評価が高い割には、そこまで面白いとは思えませんでした。

 

面白いけど、1巻だけじゃ物足りないですね。
もっとエピソード読みたいですが、もう出そうにないですね。
いわゆるブラックジャックの山岳救助バージョンなワケですが。
スーパードクターと同じ名前ですけど(笑

 

ミステリー部分は、そこまで良く出来てるとは思いませんが、
そこに上手く山男を絡ませて面白くさせてます。
描かれたのが1999年なので、そのへんの時代背景を考えれば、まぁ渋谷の女子高生とか
色々話題になってましたからね。

 

聖先生におかれましては、無理をせずになるべく長く描いて欲しいですね。
途中でエピソードが終わってしまうのが一番怖いですけど。
今回のお話しだと、帝国の時間庫も出てくるし、帝国後の連邦時代も出てくるしで
古い読者は色々と懐かしい感じもありますね。

移動都市

結構期待してたんですがね~・・
ダメダメでした。
たぶん原作は面白いのかもしれませんが、映画だと端折り過ぎてるんだと思われます。
あと人間ドラマ部分がすごくチープ。笑っちゃう。
中国推しも鼻に付くしで、いいとこ無いです。

映像だけはヨカッタですが、これも昨今のSF映画としたら普通のレベルでしょうね。
日本のSF映画からしたら超絶ハイレベルですけど。

ギルティ

結構ちゃんと出来てる映画でした。
ジャンルで言うとソリッドシチュエーションのスリラーかな?
それなりに伏線もあり、どんでん返しもありで。
最後に主人公が取る行動も、序盤の伏線回収という事ですかね。

アクシスロック

生まれて初めてベンチメイドのナイフを買いました。
定番(と言われてる)グリプティリアンのミニの方です。
鋼材はS30V。箱出しでもかなりの切れ味です。

期待のアクシスロックですが、まだちょっと渋いかな??
特にクローズの時に一振りではなかなか上手く行かず、
これはピボットのトルクを調整しないとダメでしょうかね?

サムスタッドのオープンは、割と慣れそうです。
今までフリッパーばっかりだったので、ちょっと心配でしたが。

RR全終了

レギュラーラウンドが全部終了しました。
新しいリーグになって、色々と疑問点も多いですが、まぁ来期どうなるんでしょうかね。
西カンファレンスに強豪チームが偏ってるのがまずは大きな問題でしょうか。
そしてリーグ改変で下部から上がって来た黒部とPFUが悲惨すぎて目も当てられません。
PFUに至っては全負けで0勝20敗。
これだけ力の差があるチームを入れても意味ないし、試合数が増える事による選手への
ダメージも考慮しなくてはアカンのではないですかね??

次は3月からのファイナルシリーズです。
久光は相変わらず強いですね。JTとの優勝争いかな~・・・。

Chapman stick wall mount!!

ちょっと斜めだけど、まぁいいや(笑

チャップマンスティックを壁掛けにしました。
ソファに立て掛けてたら、この前ぶっ倒れたので(笑えない
まぁその時はペグがちょっとガタついた程度で済みましたが。

楽器本体のベルトフックと、Sカンをつなげるだけの超簡易構造。

 

ヘッドの支持部分は、以前に余分に買っておいたHANG’EM HIGHを改造。
http://www.hangemhigh.net/

ヘッド裏が当たる部分には台所用スポンジ。適度な硬さと色移りのしなさと低価格でかなり高評価です(笑

まぁ、こんなの作ってる暇があったら練習しろって話しですが。

新劇

アライズ1を劇場で観て、なんだこりゃ?と思ってから放置してましたが、
劇場版って事で多少はマシになってるのかな?と思って借りてみました。

いや~・・話が複雑過ぎてよく分かりませんでした(バカ
複雑なのは別にいいんですが、説明を放棄し過ぎじゃないですかね?
誰と誰が戦ってるのか全然分かりませんでした。

ラストシーンも、そりゃ前日譚だからそうまとめるのは分かりますが、
クリエイティビティって何ですかね?

施川ユウキ 2冊

 

どちらも登場人物が2名とミニマムなお話しで、設定もSFっぽいので結構好きですね。
少女終末にも通じる感じでしょうか。

この作者の事は全く知りませんでしたが、今後はちょっとチェックして行きたい感じですね。

シドニア アニメ版

 

だいたい原作通りですかね。
市ヶ谷テルルは出てこないですが(笑

しかし、ポリゴンピクチャーの絵を動かす技術はまだぎこちないですね。
この後にブラムを作るワケですが、あれも人間の動きそのものは結構微妙ですし。

第三期は作るんですかね??
もう4年経ってるっぽいですから立ち消え?

主人公のボケ具合とか、ハーレム要素とかに隠れがちですが、
SF設定としては結構尖ってて、さすが二瓶先生と思わされるんですが
やはり万人受けは難しいんでしょうかね・・・
真のヒロインが物語中盤からの登場だし、そもそも異形の巨人ですしね。